ミニチュアシュナウザー専門サイトのその他ページをお伝えしております。

その他ページについて


ミニチュアシュナウザーを飼う時の注意点について

ミニチュアシュナウザーは、結構飼いやすい犬種ですが、いろいろと注意していないと大変事になる場合がありますので注意してください。

まず、ミニチュアシュナウザーを飼う上で、適度な運動を出来るようにしてください。多くの運動をする必要はありませんが、それでも適度な運動をしないとミニチュアシュナウザーは、満足しないので注意してください。

また、散歩にいけない場合でも運動できるようにしておいた方が良いかもしれません。ただ、他の犬種よりは運動量はかなり少なくて良いので安心してください。

次に、ブラッシングやお風呂などを定期的にするようにしてください。ブラッシングなどは週に1~2回することをオススメします。

ゴミなどで病気になることがありますので、しっかりとブラッシングをして綺麗な状態を保ちましょう。特に、お風呂などは月に入れておいた方が良いでしょう。

ちなみに、毛が長くなるので、2~3ヶ月に一回程度カットするようにしてください。バリカンなどで刈ることが出来るでしょう。

ミニチュアシュナウザーの病気は、尿石症、進行性網膜萎縮症、停留睾丸に注意してください。これらは、かなり深刻な状態になるので、発見次第回復させないと取り返しの付かない状態になりますので注意しましょう。

他にもフォンウィルブランド病に注意してください。この症状もわりとなりますので注意です。また、大腿骨の変形で壊死する場合がありますのでそこにも注意するようにしてください。

たまにレッグ・カルベ・ペルテス病、白内障などのような症状も出る場合がありますので注意しましょう。定期的に眼科検査、心機能検査をすると良いかもしれません。

元気なミニチュアシュナウザーにする場合は病気に注意して対策をしてください。このようにミニチュアシュナウザーは、注意しないといけないことがあります。

ですので、育成するときは注意しましょう。でないと元気にミニチュアシュナウザーを生活させることができなくなります。

お薦めしつけ教材

TVチャンピォン優勝!
森田誠の犬のしつけ法
日本一のカリスマ訓練士!
藤井聡の犬のしつけ法