ミニチュアシュナウザーのアレルギーについて詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

アレルギーについて

ミニチュアシュナウザーのチャームポイント

ミニチュアシュナウザーがかかりやすいアレルギーと言えば、「皮膚炎」があります。

ミニチュアシュナウザーの皮膚は特徴的な滑らかな毛に覆われてやわらかく、そこがまたチャームポイントですが、やはり皮膚の病気には要注意です。


ミニチュアシュナウザーが皮膚炎になるとほとんど全身に痒みが起こります。また皮膚が赤くなったり腫れたりしているとフケも溜まり、抜け毛も多くなります。

原因としては、室内で飼っている時のハウスダストや春先は花粉、他には食べ物、サプリ等を含めた薬物など、様々なものが考えられますが、皮膚が過敏に反応しやすいものとして直接触るベッドシーツやソファーカバーなども可能性があります。

肌さわりがよいものだからといってあまりよくないものを敷いていると、日数も経たないうちにすぐにアレルギー症状を起こすことがあります。

予防するにはかかりやすいアレルゲンを避けることですが、はじめから様々なものを対処するにも限度がありますので、できるだけ目に付いたものから対処しておくことです。生活から極力排除できるようになれば、それだけミニチュアシュナウザーの健康が長続きします。

また最近は血液検査でアレルゲン特定がとても簡単にできるようになっていますので、ちょっとでもミニチュアシュナウザーの体調がおかしいと思ったら、病院で検査を受けることをお薦め致します。

もし、ミニチュアシュナウザーがアレルギーにかかってしまっていたら、早めに治療を受けさせることが肝心です。内科的治療でも痒みを取り除くことができますし、炎症が起こっている場合も薬剤を塗って対処が可能です。

ミニチュアシュナウザーの皮膚のケア方法としては、ビタミン剤を飲用して皮膚の修復を促したり、毛のケアも毎日行うこと、シャンプー用の液剤もアレルギーに対応できるものを選ぶことです。

サークルのベッドやトイレ、また室内全体も清潔に保ち、夏場は蒸れないように最適な温度コントロールを欠かさないようにすることも予防にはとても大切です。