ミニチュアシュナウザーの無駄吠えのしつけでお困りの方はこちらのページをご覧ください。

無駄吠えのしつけ方

犬の無駄吠えは最も嫌なしつけだと多くの飼い主さんが言いますが、やはり最近は集合住宅でも飼う方が増え、近所迷惑のナンバー1としても気になる方が多いようです。

ミニチュアシュナウザーも無駄吠えはしっかりしつけるべきことですが、まず無駄なのかどうかを把握することが大切です。

お腹が空いたらどうするか、自然に考えれば吠えるのが当たり前ですので、徐々に少なくしていくように意識することが大切です。

無駄吠えでもっとも明確なのは、ミニチュアシュナウザーが何かに不安になったり、警戒しているときです。呼び鈴が鳴ったり、誰かが玄関に立ったから吠える、このような癖はできるだけ早めに改善すべきです。

座れや待て、伏せなどの基本的な訓練と同時か、これらの訓練ができてからでも遅くはありません。ミニチュアシュナウザーとの主従関係がしっかりできれば、しつけもしやすくなりますし、信頼関係ができていると他のしつけにも有効です。

主従関係ができて基本トレーニングができていたとしても、ミニチュアシュナウザーが飼い主に素直に従うケースは稀です。

ですので、例えば吠えたらそれよりも大きな音を立てたり、他には振動や電流などのショックを与えるツール類も出回っています。

首輪などのタイプもありますし、始めからこれらのツールを使わないで素直に止めさせるのが一番ですが、最終手段として使用することも考えなくてはなりません。

また、ミニチュアシュナウザーは寂しさや不安などで吠えてしまうこともあります。留守番などでいきなり長い時間ミニチュアシュナウザーを一人にしてしまうと、ミニチュアシュナウザーはずっと吠えっぱなしになることがあります。

留守番はいきなり長い時間を留守にするのではなく、5分程度から徐々に慣れさせるようにしてください。そして、ミニチュアシュナウザーと一緒にいる時間を少しでも長くして、慣れるまではスキンシップをとってあげることがとても大切です。

ミニチュアシュナウザーが成犬になってからも、飼い主に吠えるようなことがないように、子犬のうちからしっかりしつけることが大切です。

もしあなたが、ミニチュアシュナウザーを飼っていて、噛み癖のことで悩んでいるのであれば、当サイトでは下記でご紹介しているしつけ教材をお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにミニチュアシュナウザーのしつけで悩んでいた、延べ10000人の飼い主さん達が、下記のしつけ教材のやり方を実践したところ、短期間でミニチュアシュナウザーをとてもいい子にすることに成功しています。

ですので、きっと下記のしつけ法があなたのミニチュアシュナウザーをとてもいい子なワンちゃんにするきっかけになると思いますので、今すぐ詳細をチェックしてみてください。