ミニチュアシュナウザーが下痢になる原因はいくつかあります。

下痢の原因

ミニチュアシュナウザーについて

ミニチュアシュナウザーの健康管理で欠かせないのが便のチェックです。難便だったり下痢を起こしたりすると、必ずどこか体調が悪化していることが考えられます。

例えば、基本的なうんちは、人間と同じで固すぎず柔らかすぎず、バラバラにならずにすんなり流れていくようなものがベストです。

ミニチュアシュナウザーが元気で、食欲もあるような状態では、まずこのような感じがほとんどです。ミニチュアシュナウザーが下痢を起こすと、プリンのようなやわらかいうんちが出ます。

ミニチュアシュナウザーは子犬のときによくやわらかいうんちが出ますが、食事の変化もあれば環境の変化から落ち着かないことで出ることもよくあります。

他には同じプリンのような感じでも血便状態の場合、寄生虫やウイルス性の病気にかかっていることが心配されます。食欲も正常で動きも悪くなければ病状が重くなることはありませんが、できるだけ早めに獣医さんに診てもらうことが大切です。

そしてもし、ミニチュアシュナウザーの便が水のようになってしまった場合は、ウイルスから来るものもあれば、腸がなんらかの異常を起こしていることも考えられます。

また、ミニチュアシュナウザーが吐いてしまったり、食欲もない場合は、特に病状が悪化していると考えられますので、できるだけ早く獣医さんに診てもらうようにしてください。

また、ミニチュアシュナウザーが膵炎(すいえん)にかかってしまった場合も下痢、他には嘔吐や食欲低下が起こります。他にはお腹が激しく痛んだり、血圧が低下して心臓が停止してしまうこともあります。

膵炎は食事内容が原因のケースが多く、脂肪分過多はやはり気になる原因です。肥満が強くなれば、高脂血症や高カルシウム血症の可能性も大です。

膵炎では薬物投与、水分補給、栄養分の補給が基本治療です。嘔吐も下痢も徐々に治まってくるまでは食事量を制限することも大切です。

慣れない飼い主さんであれば誰でも経験することですが、そのまま放置しないで何らかのアクションを取るように心掛けてください。