ミニチュアシュナウザーの耳掃除の正しいやり方についてご説明しています。

耳掃除の正しいやり方

ミニチュアシュナウザーは元気一杯の犬です。

人間は自分で耳掃除ができますが、ミニチュアシュナウザーはそうもいきません。やはり飼い主さんがケアしてあげるのが大切です。

ミニチュアシュナウザーの場合、室内で飼っていると次第に汚れが溜まって臭くなったり、外耳炎等の病気にかかることもあります。

ミニチュアシュナウザーだけでなく、耳が垂れている犬種はとにかく汚れやすいため、できれば1週間に1回程度の頻度で掃除をしてあげる必要があります。

耳掃除を行う場合、汚れがないかどうか、耳毛が生えていないか、臭いがきつくないかを判断して、毛があれば先に毛を抜きます。カンシを使って抜くのが基本ですが、イヤーパウダーもあると便利です。

イヤーローションを耳に適量注入してから、付け根を揉みこむようにして汚れを浮かせたものをガーゼやコットンで拭き取ったり、細かい汚れは麺棒で拭き取るのがコツです。

トリミングをする場合は耳の毛もケアしてもらうように頼むのもよい方法です。飼い主さんが自分で抜くのもコツを覚えれば問題ありませんが、トリミングの頻度があればそれだけでも十分です。

また抜く場合はゆっくりではなく一気に引っ張るようにするのもコツです。そして、ミニチュアシュナウザーに耳を触ることに慣れさせるのも大切です。慣れずに敏感になって逃げてしまうと手に負えません。

また耳の穴はL字型になっていますが、ミニチュアシュナウザーの耳は鼓膜までは届きにくいタイプです。だからといって奥までカンシを入れたりすると危険です。

頭が急に動かないようにして、しっかりと抑えること、ずっと動かさなかったら褒めてあげることも大切です。耳掃除をすれば褒めてもらえる、またおやつももらえると、ミニチュアシュナウザーに覚えさせるとやりやすくなります。

ミニチュアシュナウザーが嫌がっている状態でもきつく抑えつけてしまうと、次からやらせてもらえなくなってしまいますので、しっかり見極めてから開始することが大切です。

また、散歩などの影響で耳中が突然汚れがひどくなることもありますので、チェックは毎日行うのがベストです。散歩の帰りに脚を拭いたりするタイミングで一緒に見てあげることがいいと思います。