ミニチュアシュナウザーの噛み癖のしつけ方に悩んでいる方はこちらのページを参考にしてください。

噛み癖のしつけ方

ミニチュアシュナウザーをこれから飼おうとしている方へ

ミニチュアシュナウザーのしつけの中でも基本的なものに噛み癖のしつけがあります。ミニチュアシュナウザーは子犬の時期、好奇心がとても旺盛ですので、色々なものを噛んでしまう傾向にあります。

ストレス解消や軽い退屈しのぎ等の場合がほとんどですので、飼い主さんも放置しがちです。

しかし、ほとんどの方はミニチュアシュナウザーを室内で飼うことがほとんどだと思いますが、室内には噛むと危険なものが散在しているのが常です。

例えば電気コードがあります。誤ってミニチュアシュナウザーが噛めばとても危険です。他にはカーテンや絨毯の端っこ、雑誌などもあります。

噛むと汚れ放題になって片付けるのが大変ですので、噛みやすいものを片付けておくこと、また、ミニチュアシュナウザーの遊び場所をしっかりと決めておくことが大事です。

ミニチュアシュナウザーの噛み癖は、しっかりと子犬のうちにしつけておけば、だんだん成長に従ってしないようになります。

また、デンタルコットンやデンタルガム等はストレス発散にもなりますし、歯石を防ぐ効果もありますので、適当なタイミングで与えるのがよいと思います。

問題は噛み癖が治るかどうかの瀬戸際です。叱った後はしばらく噛まなくても忘れて発奮してしまうこともあります。

このような時はまず叱る言葉を統一すること、ダメッ!とかいけないこと!など、忘れないようにずっと使う言葉を用意しておいたり、噛んでよいものを咄嗟に入れ替えるなどの工夫も大切です。

ミニチュアシュナウザーは成犬になると、本気で噛まれた場合人間でもかなり痛みますし、子供を噛んだり高齢者を噛んだりすると大変危険ですので、しっかりとしつけることが大事です。

もし、ミニチュアシュナウザーが飼い主さんを噛んでしまう場合は、まだ主従関係がしっかりとできていない証拠です。つまり噛む相手は自分に従う存在なのかどうかを確認している意味もありますので、後々は何をするにもこの順番が逆になってしまって大変です。

また、ミニチュアシュナウザーの口の中に逆に手を突っ込んでしまうと、かなり嫌がって効果的ですし、同じようにダメッ!と言いながら放してあげれば慣れないことはほとんどありません。

もしあなたが、ミニチュアシュナウザーを飼っていて、噛み癖のしつけで悩んでいるのであれば、当サイトでは下記でご紹介しているしつけ教材をお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにミニチュアシュナウザーのしつけで悩んでいた、延べ10000人の飼い主さん達が、下記のしつけ教材のやり方を実践したところ、短期間でミニチュアシュナウザーをしつけることに成功しています。

ですので、下記のしつけ教材があなたのミニチュアシュナウザーをとてもいい子なワンちゃんにするきっかけになると思いますので、今すぐ詳細をチェックしてみてください。