ミニチュアシュナウザーの留守番はある方法を使うと意外と簡単にしてくれます。

留守番方法

ミニチュアシュナウザーはとても寂しがり屋です。

ミニチュアシュナウザーを留守番させようとしつけても、なかなか上手くいかないと悩んでしまう飼い主さんが多いようです。

飼い主さんとして仕事もなく、ほぼ1日中そばにいられるのであれば問題ありませんが、共働きだったり1人暮らしでフルタイムで働く方にとっては、できるだけ早めにしつけたいものです。


まず、ミニチュアシュナウザーはとても寂しがり屋の犬種ですので、いきなり長い時間留守番させることはほとんど無理です。

急な留守番はミニチュアシュナウザーに精神的ダメージを与えることになります。ミニチュアシュナウザーは長時間一人にさせられると、「飼い主に見捨てられた」、「仲間外れにされた」、と思い込んでしまいます。

もし帰宅して、ミニチュアシュナウザーが唖然とした状態になってしまっていたら、かなりの精神的ダメージを受けていると思ってください。

ミニチュアシュナウザーを留守番させるコツは、徐々に慣れさせることです。常にスキンシップをし、遊んであげるのは子犬の時期だけにして、少しずつミニチュアシュナウザーを1人にすることで慣れさせていきます。

部屋を出て行ってトイレやキッチンで仕事をしたり、その後は5分や10分程度コンビニに出かけたりして徐々に慣れさせます。そして、帰宅しても安易に声をかけたりしないで、自然に用事を済ませてから話しかけるようにします。

また、ミニチュアシュナウザーを留守番させる間は、おもちゃやおやつを上げるのもコツです。頭を使うおもちゃ、おいしいおやつは遊んだり食べた後で疲れて寝てしまいますので、留守番の時間もその分短くて済みます。

また、自宅を出て行く直前に、「行ってきます」、とか、「大人しくしていてね」、などとミニチュアシュナウザーに声をかけないことも大事です。

ミニチュアシュナウザーは飼い主がいなくなることを察知すると、無駄吠えをしたりしてしまい、とてもやっかいになってしまいます。

飼い主と離れたくない、とそわそわした態度を見せたりしたら、まず家中で普段のことを繰り返し、支度をしながら無視するような態度をとってから出掛けるようようにしてください。

他には鍵をかける音なども敏感になる場合がありますので、普段から鍵の音を日常的な音として慣れさせることも必要なケースがあると思います。

もしあなたが、ミニチュアシュナウザーを飼っていて、なかなかいい子に留守番をしてくれないと悩んでいるのであれば、当サイトでは下記のしつけ教材をお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにミニチュアシュナウザーのしつけで悩んでいた、延べ10000人の飼い主さん達が、下記のしつけ教材のやり方を実践したところ、短期間でミニチュアシュナウザーをいい子に留守番させることに成功しています。

ですので、きっと下記のしつけ法があなたのミニチュアシュナウザーをとてもいい子なワンちゃんにするきっかけになると思いますので、今すぐ詳細をチェックしてみてください。