ミニチュアシュナウザーの育て方の注意点についてお話ししています。

育て方の注意点

ミニチュアシュナウザーの育て方や注意点について色々とお伝えしております。

ミニチュアシュナウザーを飼う場合、まず気になるのが健康面、そして子犬の場合ポイントはワクチン摂取です。

基本は母乳を飲んでその免疫が切れる時期、つまり生後2ヶ月、3ヶ月の時期に混合ワクチンを接種させますが、体調によってはそぐわない状況も出てきますので、獣医さんと相談することが大切です。

ミニチュアシュナウザーの育て方の基本はしつけトレーニングです。例えばトイレは特に気になりますが、家に連れてきてまずはじめに教えるのが良いと思います。

成犬に比べて子犬はトイレの回数が多く、漏らしたりする回数が増えると他のしつけもバラバラになってしまいます。

サークルにトイレを設置し、寝起きや食後等トイレのタイミングが来たら連れて行ってあげること、またトイレが上手にトレイに収まったら、大げさにミニチュアシュナウザーを褒めて上げることも大切です。

他には環境に慣れさせることです。室内に連れてきたばかりでは、ミニチュアシュナウザーは何がなんだか分かりません。

ペットショップの籠の中とは勝手がずいぶん違いますし、広くて遊べる場所と実感するわけでもなく途方に暮れてしまいますので、色々な場所やそれぞれの使い方を飼い主がしっかりと教えてあげて、慣れさせることが肝心です。

インターホンが鳴ったり、テレビやパソコン、携帯電話等の音にも慣れさせておくと、他の環境、例えば散歩などにも行きやすくなりますし、よりたくさんの世界を経験して成長させることができます。

またトイレと同じくらい大事なのが食事です。例えばドライフードを与える場合、ミニチュアシュナウザーの歯がまだ十分に生えていない場合は、ふやかすなど工夫が大切です。

子犬の時期は食べたいだけ食べさせるのがベストですが、塩分や脂肪分が過多にならないように工夫して、できるだけ食べたら運動をさせることも大切です。

ミニチュアシュナウザーは生後半年も経てば体力もかなりついてきます。ここまで運動量が豊富になると、やはり散歩がストレス発散の要として、体を丈夫にするためにも重要です。

また夏場の暑い盛りは暑さには要注意です。どの犬種でもそうですが、ミニチュアシュナウザーは暑さに弱いですので、様子を見ながらベストな散歩スタイルを築くようにしてあげてください。