ミニチュアシュナウザーの寿命を延ばすのは飼い主次第です。

寿命について

ミニチュアシュナウザーの寿命は12歳から15歳くらいまでが大体の目安です。ペットを飼う場合にはやはり寿命は気になるものです。

またあくまでも平均ですので、個体差もあれば育てる環境で変わってきますし、健康的な食事、運動量、飼い主さんの愛情をしっかり注げば、それだけ長い生きさせることができます。

また、シュナウザーはサイズによって3種類ありますが、ミニチュアシュナウザーはもっとも長生きするタイプです。これはごく一般的で、小型であればあるほど長生きできると言われています。

生活する環境も室内にどんどん偏ってくることもあれば、小型のほうがやはり可愛がられる頻度が多いこともあります。

最近はドッグフードも質が向上していますし、犬用グッズなども便利になり、ミニチュアシュナウザーにとって生活する環境もどんどん良くなっていますので、平均よりは長生きすることを期待しても何も問題は無いとも言えます。

またやはり、ミニチュアシュナウザーも高齢になれば病気が多くなりますが、高齢ならではの病気の種類も増えていると言われています。

老化現象によって病気になりやすくなることは仕方がないですが、種類が増えているとあればやはり予防策も多く対策しておかなければなりません。

人間の世界では介護保険などのニュースをよく耳にしますが、現実的に犬の世界でも介護問題が徐々に広がってきています。

ちなみにミニチュアシュナウザーの歳の取り方は、生後1年で人間でいう18歳頃に当たります。つまり1年に満たないうちに成人に近い年になる計算になりますが、そこからは1年で4歳くらい歳をとります。

このことに当てはめて健康ケアを考えていくことも大切です。10年経てば50歳を超えますので、しっかりとした検査を病院で受けたり、アドバイスをよく聞いて様々なケアをするのがミニチュアシュナウザーを長生きさせる秘訣です。