ミニチュアシュナウザーの性格についてご説明しています。

性格について

ミニチュアシュナウザーといえば頭脳明晰、そして従順な性格が特徴的です。飼い主の命令に従い、さらに家族にも観察眼を向けていますので、状況に応じて適切な行動が取れる犬です。

日頃のコミュニケーション面や遊びの面では、好奇心が旺盛なため遊びもかなり好きなタイプです。

また遊んでいる間もしっかりとコミュニケーションを取るタイプですので、やはりしつけやすい性格で、叱ることも他の犬種に比べて少なくて済みます。

他にミニチュアシュナウザーは警戒心の強さも目立ちます。自信を持って行動し、縄張り的意識もありますし、警戒心を持った相手が自分より大きな犬であっても勇敢に向かっていきます。

番犬タイプとしてももちろん飼われていますし、しっかりと役目を果たしてくれるのが魅力です。テリア系統ですから攻撃的な面がよく言われますが、ミニチュアシュナウザーについては単に攻撃性が露わになるのではなく、番犬として、なんらかの危惧を感じた時などにしっかりと自信を表すタイプとも言えます。

このようにミニチュアシュナウザーはしつけにはとても従順で、しっかり飼い主になつきますので、やはり留守が長かったり、スキンシップが不足しがちになると、ミニチュアシュナウザーもストレスをどんどん溜めてしまいます。

やは1人にしておく時間が長い場合は、色々な工夫をしてあげることが必要になります。また、原産国のドイツでは人間並みの頭脳を持った犬だと、ミニチュアシュナウザーは言われています。

言葉こそしゃべれませんが、人の言うことをよく理解し、従順で、コミュニケーションのしやすさもかなりのレベルです。小さい子供がいるような環境でも基本的なしつけさえ間違わなければ、すぐにでも仲良くなれると思います。

他には時間に不規則、ルーズなことはほとんどしません。時間通り、規則正しい生活を貫くタイプですので、このことも色々な面で役に立つ性質だといえます。

もちろん同じミニチュアシュナウザーでも細かい性格はそれぞれ違いますので、やはりはじめに選ぶ時にどのような性質を持った犬かチェックするのが肝心です。