ミニチュアシュナウザーのシャンプーやお手入れ方法でお悩みの方はこちらのページをご覧ください。

TOP > 関連ページ > シャンプーやお手入れ方法

ミニチュアシュナウザー専門サイト

シャンプーやお手入れ方法

ミニチュアシュナウザーのお手入れは、まず毛のブラッシングから始まります。

細目にお手入れしてあげることで毛玉を防ぎ、食事の後なども口周りが汚れますので、綺麗にしてからコームで整えることを習慣付けるのが適切です。


他には耳掃除があります。ミニチュアシュナウザーは垂れ耳犬種ですので、耳はとても汚れます。ですので、1週間に1度くらいの頻度でローション等を使って拭き取ったり、細かい汚れは麺棒などを使って取ってあげます。

また、目は病気の予防のためにも目ヤニの処理が大切です。コットンでやさしく拭き取り、涙やけがある場合は専用のローションで拭き取ってあげてください。

次は歯磨きですが、健康な歯はミニチュアシュナウザーの健康維持に欠かせませんので、子犬の頃からしっかり慣れさせるようにしてください。

ガーゼを指に巻いて表面から歯茎まで汚れを取り、歯石がある場合は慎重にチェックして、あまり頑固そうなものは病院で診て貰うことです。

また爪切りも必要ですが、爪自体に神経も血管も通っていますので、できるだけ慎重にが基本です。伸ばしたままだと肉球に食い込んでしまい、ミニチュアシュナウザーが強い痛みを感じますので要注意です。

また、ミニチュアシュナウザーを清潔に保つための要となるのがシャンプーです。ミニチュアシュナウザーはダブルコートですが、抜け毛は少ないタイプです。

シャンプーは月に1回程度、できれば2回が理想ですが、ミニチュアシュナウザーは皮膚が弱い犬種ですので、月に1回でも十分です。

正しいシャンプーのやり方としては、ブラッシングをまず行い、全身に35度程度のぬるいお湯をミニチュアシュナウザーにかけてあげながら濡らしていきます。

シャワーの水圧に気をつけて、後ろ足や尻尾から徐々にかけていきます。顔の部分は耳や目に入らないように優しくかけていきます。

洗い流し、すすぎが終わったら今度はリンスをし、すすぎでしっかりと泡を落としていきます。ここで洗い残しなどがあると、ミニチュアシュナウザーは皮膚病などになってしまうことがあるので、しっかりと綺麗に流し落とすことがコツです。

しっかりと綺麗に流し落としたら、タオルでくるんで丁寧に水分をとります。ドライヤーは30cm程離してかけるようにして、熱くならないように自然な温風を心掛けるのがベストです。

ミニチュアシュナウザーは子犬の時期に突然シャンプーをすると、その後、怖くて我慢できなくなりますので、お風呂場に慣れさせたり、部分的に洗ったりして徐々に慣れさせていくことがコツです。